グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂る

グルコサミンとコンドロイチンは滑らかな関節の動きをサポートする成分です。歳をとるとともに軟骨がすり減り、関節の痛みが出てきます。こんなときにグルコサミンやコンドロイチンを摂取すると痛み軽減に役立ちます。

関節痛のサプリメントにはグルコサミンやコンドロイチン単体でまたは二つ一緒に配合されています。どちらか一方を摂ればいい気もしますが、二つの働きは違います。

グルコサミンはアミノ酸がつながった成分です。軟骨の形成を助けてくれます。コンドロイチンはムコ多糖類の一種です。ムコ多糖類は、オクラや山芋などのねばねばにも含まれています。軟骨の生成を促す働きはありませんが、軟骨の分解を阻止してクッションの役割をします。
どちらも軟骨に深い関係のある成分です。どちらか一方を摂取するよりも二つを一緒に摂った方が関節痛によい働きをします。サプリメントを購入する際は、グルコサミンとコンドロイチン両方が入っているものを選ぶとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>