カテゴリー別アーカイブ: 健康食品

グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂る

グルコサミンとコンドロイチンは滑らかな関節の動きをサポートする成分です。歳をとるとともに軟骨がすり減り、関節の痛みが出てきます。こんなときにグルコサミンやコンドロイチンを摂取すると痛み軽減に役立ちます。

関節痛のサプリメントにはグルコサミンやコンドロイチン単体でまたは二つ一緒に配合されています。どちらか一方を摂ればいい気もしますが、二つの働きは違います。

グルコサミンはアミノ酸がつながった成分です。軟骨の形成を助けてくれます。コンドロイチンはムコ多糖類の一種です。ムコ多糖類は、オクラや山芋などのねばねばにも含まれています。軟骨の生成を促す働きはありませんが、軟骨の分解を阻止してクッションの役割をします。
どちらも軟骨に深い関係のある成分です。どちらか一方を摂取するよりも二つを一緒に摂った方が関節痛によい働きをします。サプリメントを購入する際は、グルコサミンとコンドロイチン両方が入っているものを選ぶとよいです。

グルコサミンで関節痛を改善

コマーシャルなどでよく目にすることの多いのがグルコサミンです。
グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類の殻の中に含まれる糖のことを言います。
このグルコサミンは私たち人間の関節や軟骨にも含まれる物質です。
しかし、年を重ねていくと、加齢により、どうしても軟骨はすり減ったり
硬くなってしまったりします。そうなると、関節が変形してしまったり
軟骨がすりへることで、ひざなどの関節のクッションがなくなるため
歩くだけで痛みが出るようになります。
グルコサミンのサプリを飲むと、このような軟骨の劣化が止まり
新陳代謝が進むため、再生されると言われています。
なので、中高年の方々にグルコサミンのサプリはとても人気があるのです。
今までは、このような軟骨が異常をきたした時の対処法は
周囲の筋肉を鍛える方法が主流でした。
たとえば膝の関節の軟骨がすり減った場合は、その周囲の筋肉を
チューブなどを使って鍛えます。
もちろんこの方法は効果がありますが、忙しかったり、体力的に
難しい方にはグルコサミンのサプリを飲むという
選択肢も選べるようになりました。

最も身近だった健康食品は

子供のころから吹き出物が多く、さらに湿疹に悩まされるようになると、親も自分が子供のころから

それこそ、民間療法として飲んでいたお茶を私に飲ませてみようと思ったようです。
お茶は普通でも風邪予防に良いとして地域によってはお茶が蛇口から出てうがいが出来ると言いますが、

健康のために緑茶や番茶、抹茶をいただいた方がよいと一般的にも言われます。
もちろん親近感もありますし、抹茶は茶葉ごといただくから健康成分丸ごといただきとなります。

私は少々癖のあるどくだみ茶をなく泣く思いで子供の時にいただきましたが、最近の健康茶は本当にすんなりおいしくいただけます。

特に血圧に良いとされる胡麻の成分を活かした麦茶は私の大好きな健康茶の一つです。
中性脂肪対策に番茶を飲んでいたこともあります。
今は、すっかり牛蒡茶とルイボスティーです。ポリフェノールと食物繊維でアンチエイジングを考えます。

ルイボスティーは不老長寿のお茶を言われていたようでこちらも抗酸化作用によるエイジングケアに欠かせません。

麦というものが親しみがわくようになって

健康に良いから麦ごはんを食べてみる?と言われて親戚の家でいただいた事があります。
その後、麦ごはんを出してくれる食堂まで出てきて、すっかりおなじみになってしまいました。
麦と言えば麦とろろ飯を思い浮かべますが、白いご飯と麦ごはんのどちらにしますかととんかつやさんでも
選ばせてもらったこともあります。
腸の中を整えることは健康的に生活する上で大事なことで、便秘予防は色いろな病気を抑える決め手となる、
いつもそう思っています。
食物繊維が入っている食材には注目していて、麦ごはんは、白飯の2倍の食物繊維が入っていて、
ビタミン、ミネラルが豊富です。
成分の中には、脂肪のもとになる糖質の吸収をゆっくりにしてくれるものも含まれ、
毎日の食生活で健康を考えるには、麦ごはんも有効であると思われます。
置き換えダイエットと言いますが、いつものご飯を麦ごはんにかえるだけでも体によさそうです。
トーストなどのパン食の場合も、低カロリーの雑穀製品などにかえて食事をすることを実践しています。

冬には絶対ラクトフェリン

私はラクトフェリン入りのヨーグルトをお勧めします。
冬ならなおさらです。

ラクトフェリンにはノロウィルスやロタウィルスなどの胃腸風邪を予防する効果があるとされています。

そもそもラクトフェリンは主に母乳にふくまれており、普通に摂取するには困難です。
サプリメントとしてもありますが、サプリメントを服用するのに心配な方もいらっしゃると思いますので手軽に摂取できるヨーグルトをお勧めします。
またラクトフェリンは熱に弱いので、加熱すると効果がなくなってしまうそうです。

ラクトフェリンは体内に入ってきたノロウィルスなどにくっつき増殖するのを防いでくれます。
現に昨年ラクトフェリンを接種していた私と娘はかかりませんでしたが、主人と祖父母はかかりました。

インフルエンザには予防接種がありますが、胃腸風邪には予防接種がないので冬に流行るこの時期にはお勧めです。

最近の研究で、ラクトフェリンにはガン細胞をやっつける効果があることもわかってきました。