月別アーカイブ: 2015年3月

グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂る

グルコサミンとコンドロイチンは滑らかな関節の動きをサポートする成分です。歳をとるとともに軟骨がすり減り、関節の痛みが出てきます。こんなときにグルコサミンやコンドロイチンを摂取すると痛み軽減に役立ちます。

関節痛のサプリメントにはグルコサミンやコンドロイチン単体でまたは二つ一緒に配合されています。どちらか一方を摂ればいい気もしますが、二つの働きは違います。

グルコサミンはアミノ酸がつながった成分です。軟骨の形成を助けてくれます。コンドロイチンはムコ多糖類の一種です。ムコ多糖類は、オクラや山芋などのねばねばにも含まれています。軟骨の生成を促す働きはありませんが、軟骨の分解を阻止してクッションの役割をします。
どちらも軟骨に深い関係のある成分です。どちらか一方を摂取するよりも二つを一緒に摂った方が関節痛によい働きをします。サプリメントを購入する際は、グルコサミンとコンドロイチン両方が入っているものを選ぶとよいです。

グルコサミンで関節痛を改善

コマーシャルなどでよく目にすることの多いのがグルコサミンです。
グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類の殻の中に含まれる糖のことを言います。
このグルコサミンは私たち人間の関節や軟骨にも含まれる物質です。
しかし、年を重ねていくと、加齢により、どうしても軟骨はすり減ったり
硬くなってしまったりします。そうなると、関節が変形してしまったり
軟骨がすりへることで、ひざなどの関節のクッションがなくなるため
歩くだけで痛みが出るようになります。
グルコサミンのサプリを飲むと、このような軟骨の劣化が止まり
新陳代謝が進むため、再生されると言われています。
なので、中高年の方々にグルコサミンのサプリはとても人気があるのです。
今までは、このような軟骨が異常をきたした時の対処法は
周囲の筋肉を鍛える方法が主流でした。
たとえば膝の関節の軟骨がすり減った場合は、その周囲の筋肉を
チューブなどを使って鍛えます。
もちろんこの方法は効果がありますが、忙しかったり、体力的に
難しい方にはグルコサミンのサプリを飲むという
選択肢も選べるようになりました。